FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/28 シイラ

2001年夏、東京湾太刀魚は本当に良かった。悪くて10ちょい、良い時は30以上釣れた。しかし、2012年夏の太刀魚は、どうにもいまいち。どの釣り船を見ても15釣れればいい方で、酷い時は0~5・・・。乗船料だって払ったのにふざけるなよ!と言いたくなる人も多かったんじゃないか。

まあ、渋い状況の中、上手く魚が釣れるようレベルアップを図るのもいいんだが、趣味だし、良い魚が沢山釣れた方がいいに決まってる。じゃあどうするんよ。シイラ、行くでしょ。

出船前

シイラ釣りに行くのは決まったものの、シイラ、釣ったことないし、どうすんの?ということで、知り合いの船長に相談すると、「ちょいでかめのペンシルとかミノー持っておけばいいんじゃない。竿は青物キャスティングので良いよ、いつも通りやってれば釣れるよ。」という特にありがたくもないアドバイスを頂戴し、まあ、青物の準備そのままでいいか、と特別な準備もせずに乗船した。なお、いつも乗ってる船がチャーターされて乗れなかったため、船長の知り合いの船に乗ることにした。初乗船、いい結果が出たことあんまないんだよな。

予想通りのクルージング

事前にシイラ釣りは潮目、漂流物、フラつきを探すため走り回るってことを予習していた。そしてそれはその通りだった。4時間走って、何も起きない。まともな潮目もない、魚がつくほどのゴミもない。これは厳しいね、と同船者と話していたところ、沖からの潮ががっちり入っているポイントに辿り着いた。

初シイラ

ミヨシでシイラをチェックしていた人が、跳ねたよ!と言うと鳥も集まってきた。これはいける!とりあえずT.D PENCILを投げると、4メーターほど巻いたあたりでモゾッとした当たりがあり、すぐに竿に重みが伝わってきた。ん、かかってんの?と思うと同時に頭が真っ白に。初めての魚をかけるとテンパってしまう・・・。が、アホみたいに釣りをしてるせいか、ワンテンポおいてからアワセを入れて走られる前に速攻巻く、という作業を無意識でやっていたらしく、気付いたらシイラは船べりまで寄っていた。なんかあっけなく寄ってきたし、どうせ小さいだろと思ってたら、かなりでかい。タモ入れしたいけど、上手くはいらん!と悪戦苦闘しつつも無事ゲット。


シイラ1

記念の一本目ってことでサイズを図ると1m20cm。一発目でこれは出来過ぎ。ただ、事前にシイラは結構走るし跳ねると聞いていたが、全くドラグも出ず、跳ねず、サクッと釣れてしまったためなんだかスッキリしない気分もあった(贅沢)。

もう一本!

とにかく一本取れたし、他に釣ってない人にポジションを譲って適当に投げてると、また出た!しかし掛らない。そうしている内にシイラが見える位置まで近づいてきたが、どのルアーも無視。見える魚は釣れないって言うけど、ホントそういうケース多いよな・・・。

その後も良い感じの潮目などを見つけ、同船者もシイラをゲットしていく。ここらで自分ももう一発と思いつつ、まだ釣ってない人いるんだよなぁ、と漂流物を見つけても他の人に投げてもらっていた。そうして叩かれていた漂流物が船の近くまで寄ってきていたので念のため投げてみっか、と漂流物の30cm左を掠めるようにペンシルを引いて行くと水面爆発!メーターオーバーのシイラが水面を割ってルアーを引ったくるところが丸見え!これだよ、これなどと呟きながらアワセると、今度は走るわ、跳ねるわで大暴れ。ヒラマサで散々走られるのに慣れていたため、ドラグが出る分には問題無かったが、跳ねられた時は、あ、これ外れそう、と何度もヒヤッとした。今度はファイトの一部始終を堪能した後、ネットイン。

156a96dc.jpg

今度は1m10cmだったが体高があるせいか、かなり良いファイトを見せてくれた。シイラ、楽しいね。帰りがけ、デカイシイラが跳ねていたが、釣れていたのはペンペン。自分にも掛かったが、簡単にバレてしまった。

本日の釣果とポイント

シイラ1m20cm、1m10cmの2本。両方メス。ってことで次はオスを釣るのが目標か。

・ビックリアワセをすると魚がフッキングしないってのは本当で、スッポ抜けてるシーンを何回か目撃した。シイラは横からベイトフィッシュを咥えて圧死させ、そこから飲み込んでいくらしく、咥える→飲み込むまでの間にアワセるとかからない、とのこと。重みが乗ってから、アワセを入れるぐらいでいいのだろう。

・キャスティングはやはり飛距離が大事。漂流物狙いの時も、直撃はNG。漂流物の奥にルアーを投げてルアーが上手く泳いでいる状態で通さないとダメ。後、糸ふけをしっかり処理しないと風に糸が取られてリトリーブするコースが変わるため、フェザリングも重要。うーん、全て基本だな。

ちなみに・・・

せっかく釣ったし、食べて見るかってことでフライ・唐揚げにしてみたところ、ホクホクの白身でかなり美味しかった。味はさっぱりしていたので、マヨネーズやバターなどを油を加えるのがオススメ。

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。