スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月~5月 鯛ラバ

4月~5月って釣行記としては適当すぎるだろ(挨拶)

今年も乗っ込み真鯛の季節がやってきたということで、鯛ラバやっとりました。鯛ラバは初心者でも大鯛が釣れる可能性のあるロマン溢れる釣りなんだが、やってることはただただ鯛ラバをゆっくり巻くだけという修行のような釣りであり、初めて鯛ラバをやった時はこんな釣り二度とやらん、なんて思ったりしたものである。

じゃあなんで懲りずに鯛ラバやっているか?それは鯛ラバ初挑戦の際、同船者が4キロオーバーの立派な鯛を釣り上げており、悔しいなぁ、鯛、釣ってみたいなぁ、なんて思いがフツフツと湧いてきて、気がつけば鯛ラバ乗合船の上にいたわけである。

鯛2011

そしてこのドヤ顔である。2011年12月、見事リベンジを果たし、今年も鯛を釣り上げようと目論んでいる男がいた。

鯛ラバタックル

鯛ラバ専用ロッド、などというマニアックなロッドもチラホラ発売されてはいるが、基本的に柔らかめのライトジギングロッド(ベイトタイプ)で問題なく釣れる。しかし、自分は鯛ラバ専用ロッドを使っている。

リージョナルシャフト BS TWS-ML

このロッドの何が良いって、餌釣り用ロッドに近い柔らかさで鯛がバレにくい。鯛の突っ込みに合わせて適度に曲ってくれるので巻く方に集中出来る。さらに餌釣り用ロッドに近いってことは餌釣りに使えるでしょ!ということでマゴチやLTアジなどでも使ってみたが、これまたバッチリ。アジに至っては竿頭になったりと、非常に汎用性の高い、かどうかは知らんが色々な釣り物でコキ使われているロッドである。

リールは、まあ、ドラグ性能が良いベイトリールなら、なんでもいい。

ちなみに自分のリールはこれ。
鯛タックル

わざわざ鯛釣りだからってハンドルまで赤いのに付け替えてやがる、と思う人もいるかもしれんが、これは中古で買ったリールにたまたまくっついていただけであって他意は無い。

今年前半戦の釣果

今年はなぜか食べ頃サイズの鯛が良く釣れ、というかそれしか釣れず、鯛ラバで釣れてくれる大鯛はなぜか釣れなかった。

鯛3


食べる分にはこれでいいんだが・・・



食べ鯛

というか、非常に美味しかったんだが・・・



ホウボウ

君は・・・釣れなくても良くて・・・

4キロオーバーの大鯛を釣りたい・・・


ということで、今年の後半は大鯛を釣ることを目標に頑張っていき・・・鯛・・・

鯛ラバのポイント

・最後に真面目な話をすると、鯛ラバの頭は割となんでもいいので高いタングステン製の鯛ラバなど買う必要は無い(営業妨害)。

・重要なのはネクタイ、赤かオレンジのカーリーテールが今年のトレンドらしく、ストレート系ネクタイよりも圧倒的に釣れていた。

・市販の鯛ラバに付いているフックは大抵貧弱なので餌釣り用のヒラマサ針12~14号に交換すると大鯛にフックを伸ばされて悲しい思いをしなくて済む。

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

4~5月 マゴチ

マゴチ1

前回に引き続き適当な日付で釣行記を書きますけど何か?(挨拶)

なぜ、マゴチ?

釣具屋の店員さんに「ルアー釣りの人だと思ってました。」なんて言われるぐらい基本的にルアー釣りしかしない人間がなんでサイマキ(海老)でマゴチを釣ろうと思ったか?

・よく利用させてもらっている深川吉野屋さんがマゴチ釣りをすると聞いて。

・鯛ラバタックルをそのまま使って出来そうだから。

・おいしいらしいから。

とは言え、マゴチ釣りについては右も左も分からん状態。しかし、近頃は釣り人がブログで釣り方やらなんやら細かく書いてくれてるし、それ見れば、基本的には問題無い。でもそれって、攻略Wikiみながらゲーム進めるみたいで、味気ないっつーか、粋じゃないよね。ってことで、ここは船宿さんから仕掛けと基本的な釣り方だけを教わってやってみることにした。

いざ、マゴチ釣りへ

仕掛けは船宿で全て購入し、乗船。それにしても、餌釣りって金があんまり掛からなくて良い。ルアー釣りは餌を買わないから安い、なんて思う人もいるかも知らんが、実際はシーバスルアーなら1個1,000円、メタルジグだって1,000円はする。それを何十個と買わなきゃいけない上、根掛かりで無くなることを考えると、半端無く金掛かる。

マゴチ仕掛け

これで400円ぐらい。安い。


マゴチ餌

サイマキも最初から5匹配られていて、追加は1匹100円。これまた安い、と感じる(ルアー釣りの人からすると)。

なんか、釣れないんだけど

4月に初めてマゴチ釣りに行った時は、釣れないにもほどがあるだろ、ってぐらい釣れない時間が長く、大半は釣竿片手に携帯でネットサーフィンしている始末。


ヒマゴチ

釣れなくて船べりに足かけて半ギレしている男の図



この時の釣行はラスト1時間でようやく当たりが来た。船長さんに教えてもらった通り、なかなか食い込まない・・・。粘って粘って、深く食い込んだ瞬間にヨイショ~!と合わせを入れると無事に乗った。頭をブンブン振って抵抗するものの、引きはそんなでもないかなぁ、などと思いつつグリグリと巻いていくとそこそこサイズのマゴチが。


マゴチ2

結局この日はこれだけ。ちょっと悔しいよねってリベンジした日は2尾。またまたリベンジしたら3尾。なんて書くと順調そうだが、2回目と3回目は竿頭がそれぞれ8本と15本ぐらい釣ってるんだわ。で、最初は自分の腕が足りないんだろう、なんて謙虚な考え方してたんだが、3回目の釣行の時よくよく船長に聞いてみると潮先の人、要は船を流していって最初に餌がマゴチに見える人が有利なんだと。っていうか、最初から教えてくれよ・・・、とまたもや半ギレになる男がいた。

ルアー釣りの人にとって、腕ではなく、釣り座で決まる釣りってなんだか燃えないところもあって、4回目のリベンジ釣行には行かなかった。


マゴチ料理

美味しかったし・・・



ネットで調べたら潮先が有利ってバッチリ書いてあったし!!


マゴチ釣りのポイント

書くまでもないが、潮先を取れ。以上。後、ホントに釣りたきゃ粋じゃないとかのたまってないで、ネットでしっかり下調べ、しよう。

テーマ:釣り - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。