FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月~8月 タチウオジギング

まだまだ暑い季節が続くものの、浅場で釣れる夏タチウオはそろそろ終了だろう、ということで今年の夏タチウオ釣行を振り返ってみよう。決して全てのタチウオ釣行を一回ずつ書くのが面倒だったわけではない。流れで書いた方がわかりやすいからね、仕方ないね。

開幕は好調

6月末、いつもの船宿のHPにタチウオ始めました、なんてお知らせが書いてあったので早速乗り込んで大貫沖。夏タチウオは棚が浅いというが、この日は「水深15メートル、10メートルから上」なんてアナウンスがあるほど浅かった。そしてたまたまその日は新しいことを試そうとワインドセットを持ち込んでいた。さらに運が良いことに、同船者の中にJustaceのオフショアワインドロッドのテスターがいた。言うなればオフショアワインドのプロ。これはチャンスとばかりにワームのセッティングからラインシステム、ワインドのテクニックなどを教えてもらい、タチウオを釣りまくった。


夏タチ01

ほぼワームのみで30本ぐらい釣れた。今年の夏はタチウオ楽勝か?と考えていた。この時までは。

実際は低調

7月も好調が続くかと思いきや、竿頭がツ抜けしないような低調な日も多く、どの船宿も困り果てていたようだった。7月前半の釣行ではサバ、サバ、イナダ、サバという状況でタチウオが全く釣れなかったのため、タチウオは東京湾から消滅したのかと疑ってしまった。

そんなはずはない、とリベンジに挑んだ7月末。自分はあまり釣れなかったが同船者の中でタチウオを良くヒットさせていた人がいた。使っていたのはダイワのスピードジグR。去年までの自分であれば、家に帰ってからネットでスピードジグをポチっていたが今年は違う。金がない。釣れている要因はジグの種類だけにあらず。重さやシルエット、色、しゃくり方などをチェックしたところ、軽めのジグで小さく、ゆっくり目にしゃくっていた。色々試したところ、ブランカの80g(赤金)を小さく動かすと途端にヒットが続く。今年のパターンはこれだな、と確信して挑んだ次の釣行では見事竿頭。数は伸びなかったものの、そこそこ満足のいく結果となった。夏タチウオでは帰りにイナダを狙うのだが、なぜかここでもサワラが釣れた。

sawara01.jpg

今年はすでに20匹近くサワラを釣っている。去年は1匹も釣れなかったのに。

かなり完成に近づいてきた?

色々と試行錯誤を続けてきた東京湾タチウオジギングのタックル・ラインシステムもようやく落ち着いてきた。備忘録も兼ねてまとめておこう。

■ロッド : 柔らかめのライトジギングロッド(ベイト)。Jig Maxが100~120gが妥当。ダイワだとソルティストインフィート ベイジギングあたりか。

■リール : タチウオ釣りにはドラグ性能がそこまで求められないため小型ベイトリールであればなんでも良いのではないか。ただしハンドルが短すぎるとしゃくり難くなる可能性あり。

■メインライン : PE0.6~0.8号で1号以上はNG。タチオウは青物ほど引きが強くないので強度的には0.6号でも問題無し。ラインブレイクの原因は強度不足ではなくタチウオの歯がラインにあたって切れているため。1メートルおきに白いマーカーがついているラインは、マーカーをタチウオが食ってくるため10メートルおきに色分けされているラインのほうが良い。

■リーダー : 16lbs程度のリーダー3~5メートルの先に40lbsのフロロカーボンリーダーを50センチぐらい結ぶ。フロロ有りにすると、ラインカットを半分ぐらいに抑えられてた気がする。リーダー同士のラインの結束は電車結びでも十分だが、オルブライトノットのほうがガイド抜けが良かった。

■リーダーとルアーの接続 : スナップはたまに外れてしまうことがあるのでスプリットリング#3~4を使う。糸ヨレは大して発生しないのでサルカンではなくデコイ GPリングなどが良い。リーダー→GPリング→スプリットリング+アシストフックの順番。

■アシストフック : フロントのアシストフックはがまかつ トレブル RBミディアムヘビー#3~4を使用。YAMASHITAの5連サルカンでリングとフックをつなぐ。

■テールフック : 100gまではがまかつ トレブル RBミディアムヘビー#2。120gからは#1を使用。刺さりが良いのでバーブレスを使用(安全だし)。

■ルアー : 安くて釣れるのでYO-ZURIのブランカを80~150gまで使用。150gで底がとれない場合は200gでもとれないので200gは不要。色は赤金、紫金、銀色、オール紫あたりが定番。ラインカットに備え2本ずつ揃えておくのが良い。ちなみに全部揃えると4色を2本、80・100・125・150gの4種類で32個必要となる。一つ600円だとすると600×32で約2万円!!高い!!しかも無くなる!!


タチルアー

リーダー以降のモノを全部くっつけるとこうなる。このセッティングでまだまだ釣りまくってやる!と意気込んで・・・いなかったりする。

9月以降はもう、青物でしょ。ブリ、釣るぞ!!!


以下、お買い物メモ

リーダー・5連サルカン・GPリング


アシスト・テールフック


ルアー

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

8/17 シイラ・マグロ リベンジ

前回の釣行ではマグロいたけど釣れない、シイラいたけどペンペン、湾央ではワラサ・ブリ狙ってたけどサワラ。どうにも噛み合ってない感じ、釣りのモチベーションが消化不良で腹を下し気味になったもんで、リベンジしたろかってノリで再びシイラ・マグロを狙った。

前回の釣行ではマグロを掛けた船もあったようだし、マグロ、チャンスあるよ。

マグロの前に

前日は朝方、湾央の青物が好調だったらしく、まずは青物狙いでジギング開始。まあ準備運動も兼ねてやってみるかとジグを泳がしていると何度がアタリがあって、こりゃ楽勝だわ、なんて余裕こいていたらヒット、そして2秒でバレた。うーん、油断していた。次も来るだろう、と思っていたら来ない。すると反対側でシャクっていた人にヒット。2キロぐらいのイナダ君。そのままイナダラッシュになるかと思いきやそのまま終了。好調とか言ってた記憶があったけど、気のせいだったのか?

跳ねるマグロ

この前は2回マグロが跳ねて終了したんだが、今回はどうなる?と思っていたら鳥山が発生しマグロ、跳ねてる。しかも結構な数だ。鳥山に突撃!キャスト!釣れない!ちょっと離れたところでまたマグロ跳ねる!キャスト!届かない!釣れない!またマグロ跳ねる!釣れない!これを1時間半ほど繰り返した。船長含め8人で手を替え品を替え色々やったけどお手上げ。マグロ、賢い。センター試験で7割ぐらい、取れるんじゃない?とにかく、いるけど釣れないし、しゃーない。館山方面で、ジギング、しよか。

湾口はまだいける

マグロに小馬鹿にされたことは一先ず忘れて、水深30メートル前後、かけ上がり、ジギング開始。そこそこのワラサが良く釣れているポイントなので、ロングジグをテンポ良くシャクる。と、隣の常連さんにヒット。すんごい引いてるな~。上がってきたのはなんとヒラマサ。まだ東京湾口にヒラマサいるのか!狙うしかない!とヒラマサ狙いでジグを横に飛ばしてシャクっているとヒット!したけど引かない。


20120817ina.jpg

やはりイナダ。わざわざ湾口まで来てイナダ釣ってもな・・・と船長に愚痴りながらシャクっていると中層でヒット。今度がガンガン走る。ドラグも出る。これはワラサ?ヒラマサ?と話しながら巻いていたが、この走りっぷりと引きはヒラマサでしょ、船長と意見が一致したところで浮上してきたのはやはりヒラマサ。


20120817hira.jpg

久しぶりにヒラマサ釣った。やはりヒラマサがファイトしていて一番楽しい。東京湾みたいな身近なフィールドでそれなりのヒラマサ釣れるんだから、今年の青物は、良い。

シイラは、ダメ(断言)

湾央に戻るが

最後にもう一回湾央でジギング、ブリも出るよってポイントでシャクるもダメ。同船者にワラサがヒットしていたので魚はいるんだが、どうにも食わせられなかった。まだ湾央のワラサのパターンを掴めていない感じ・・・。

ヒラマサは釣れるけどワラサが釣れないって、普通は逆なんだけど。

本日の釣果とポイント

ヒラマサ3.2キロ、あとイナダ。まあまあの釣果なんだけどいまいちスッキリしない。アタリは10回近くあったので何かをちょっと変えればパターンにハマる、はず。

・東京湾のワラサ、去年は早巻きストップのパターンが良かったんだが、今年はワンピッチワンジャークが良さそうな雰囲気。

・太刀魚乗合船のイナダ狙いで良型のワラサがちょくちょく上がっている。今年の秋、東京湾のワラサ大爆発の予感。


マグロ?そんなのは知らん。


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

8/12 シイラ・マグロ だったはず

東京湾口でちょろちょろとマグロが釣れている。僚船からマグロゲットの連絡を受けた船長が「今回はマグロ中心で行くよ~」と気合い入ってるのを尻目に、ホンマに釣れるんかいなと疑心暗鬼でマグロ用のごっつい竿を手に船着場に向かったのであった。

多分釣れないだろ、マグロ。

マグロは、いた

船長の意気込みとは裏腹に、乗船しているメンバーのタックルは結構ライトだった。これ、万が一マグロ掛かっても獲れないだろうな。とにかく、マグロが跳ねてると噂のポイントに向かう。ポイント到着後、30分ぐらい流していると鳥が固まってきた。ちょっと雰囲気出てきたね~、ってところでナブラ発生。お、マグロ跳ねた!と船長が叫んだけど、どこだ??よくわからんけどとにかく投げるかってんで、でかいペンシルをキャスト。うーん、何も起きない。再び鳥山が発生するも、誰にも何もヒットしない。そうこうしている間に鳥も解散。マグロの時合、終了。僚船ではマグロが2ヒットして2バラシしたらしい・・・。いることはいるんだな、マグロ。

ちょっとした収穫

もうちょっと粘るか、ってんで潮目や漂流物、鳥などを見つけてはキャストを繰り返す。ここは色々なルアーを投げて動きをテストするチャンスだと思い、大物用のルアーを投げて動きを確認、満足したらルアーを交換していた。そういえばオークションで買ってほとんど投げてないBC-γ45があったなと、ルアーをセットして投げる。適当にジャークしてみるが、ホントにこれで使い方合ってるのか?たまに水面割ってルアー飛び出しちゃってんだけど・・・。これも勉強だな、と投げまくっているとペンペンシイラが下からガボッ!と出てきてヒットした。近くまで寄せたけど、小さいな~、なんて見てたらバラシてしまった。その後も誘い続けるとチェイスがあったり下から飛び出て食い損ねたりと、ルアーの威力をまざまざと見せつけられた。


lure2.jpg

ちなみにシイラは全部バラシてしまったため、1匹も釣り上げられなかった。マ、マグロ用の強いタックルだったから(苦しい言い訳)

美味しい収穫

マグロはダメ、シイラはペンペンでまともな釣果が上げられないまま湾内に戻る。ほとんど潮が効いてない中、ドテラ流しでジギング開始。ワラサ、サワラ狙い、らしいがアタリも無く釣れる気がしないわ・・・半ば諦めてキャビンで船長と話していると、胴の間で頑張ってシャクっていた人にヒット。上がってきたのはまあまあのサワラ。結構美味しそうだな・・・。っていうかキャビンに引きこもってる場合じゃなかった。


anzai.jpg

せ、先生・・・。ラスト一流し、気合を入れてシャクリますか。どうせならデカイのを釣りたい、デカイ魚はきっとボトムベッタリだろう、ということでしつこくボトム10メートルを攻めていると底から2シャクリでヒット。したのはいいが、全然引かない。

船長「喰ったの?」

自分「船長、これイナダ。」

船長「あ~そう。まあ一応タモ持ってくるよ。」

自分「リーダー入りました。このまま引っこ抜くよ。」

船長「あ、サワラじゃん!デカイよこれ!」

タモ入れ後

船長「なげ~。こんな長いの久しぶりに見たよ。」


さわら1

確かにデカイ。というか長い。測ってみたところ93cm3.8kg。なんでこんな時期にサワラがポンポン釣れるのだろうか。今年の東京湾、ちょっとおかしい。

本日の釣果とポイント

シイラ・マグロを釣りに行ったはずだが、サワラ一本というなんとも言えない釣果に終わった。サワラは意外と脂乗ってて美味かったから、まあヨシとしよう。


サワラ2

・魚探に反応が無くても、釣れるときは釣れる。船長がポイントを選んで流してくれる時は、諦めずに釣りを続けないとイカン。とはいえ、特に夏場は体力の消耗が激しいので休む時は休もう。


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

8/6 青物ジギング

ワラサ1

去年ならこの時期、シイラ釣れてるから今度はオスを釣ったろう、なんて思っていたが・・・今年は東京湾シイラ、あんまり良くないご様子。相模湾の方はそれなりに釣れてるから、ピークはまだ先、と考えておこう。悪いこともあれば良い事もあるって具合に青物の新しい群れが湾口に入ってきたらしく、青物爆釣が2日続いていた。うーん、これは行くしかないでしょ、多分もう一日ぐらい釣れるっしょ、とノリで馴染みの船長に電話。

爆釣、するのか?

前半戦

今日は慣れた人ばっかりだし、一人十匹は釣らないと、なんて船長が言う日は大抵逆フラグ。つまりは釣れないことが多いんだが、今日も飛び出しましたその台詞。案の定でポイント到着すると、前日アホみたいにいた鳥が姿を消し、ジグを落としてもノーバイトが続く。おいおいやべーよ、なんて同船者と話しながらシャクる。何も無い。ポイント移動すると、潮も流れていない、シャクってもスカッスカ。船長が言うには、後半、下げの潮が入ってくれば多分釣れる、らしい。その言葉、信じていいんだな?

信じる者は救われる、こともある

最初のポイントに戻ると徐々に下げが効き始めて、南風と下げ潮がぶつかって二枚潮になっていた。海面もウネウネ、ちょっと雰囲気出てきたな、ってところで船長が竿出してシャクると一発でヒット!さすが船長。上がってきたのは4キロちょいのワラサ。横から眺めていた感じだとヒットパターンは、ブルーシルバーのロングジグでワンピッチジャークだな、ってやってたら隣の人にも来てる!狭い間隔で並んで釣っていたし、邪魔にならんように一旦ジグ回収するかって、グルグリ巻いてると竿に重みが。あ、ライン絡んだ?と思いつつちょっと巻いてみて一旦止めるとテンションがスッと抜けた。お隣は相変わらず・・・ってことはお祭りじゃなくてヒットしてたってこと?やっちまった・・・。船長からダメ出しを受けつつ、ジグを投入すると底から3シャクリでヒット!あ~良かった、なんて安心したのも束の間、とんでもなく走る。ドラグ、出まくる。


オモイ

これはブリサイズじゃないの?と船長から声をかけられ、そうだったら嬉しいなぁ、と思いつつ嫌な予感もしていた。そして途中から多分そうだろうと思っていた。予想通り、スレ掛りで横になりながらワラサが浮いてきた。


wara1

イワシ食って元気一杯のワラサがスレで掛かれば、そら大変だわ。

怒涛の終盤

ヒットパターンが判明し、なおかつ魚の活性が高い場合どうなるか。そら入れ食いですわ。ダブルヒット・トリプルヒットが当たり前。そのどれも4キロオーバーのワラサだから堪らない。よほどパターンがはまっていたのか、ジグ丸呑みでエラからロングジグが突き出てる魚もいた。


ワラサ2

どれも体高があって元気が良いワラサばかり。腕も疲れて喉もカラカラ。休憩してもいいところだが、青物がこんな勢いで釣れることはそう多くない。船長含め4人で釣りまくる。血抜きされ頭からバケツに突っ込まれたワラサが所狭しと並ぶ。もはや漁に近くなってきたところで潮が緩み活性も下がってきた。ラスト一流しで一本追加して終了。

本日の釣果とポイント

8ゲット1バラシ、ぐらい(釣るのに夢中で正確に数えてなかった)。これは東京湾の青物ジギングなら爆釣、と言ってもいいだろう。

・いつもジギングの話を聞かせてくれる釣具屋の店員さんに騙されたと思って買ってみて、と言われて買った爆釣JIG ロング。今回の釣果は全てこのジグ。

・釣具屋の店員さんも、本当に上手くて詳しい人と、そうでない人がいる。詳しい人に出会い、釣具・釣り方を教わるのが釣果を上げる近道。とはいえ、全部答えを聞いてから釣りするのもカンニングみたいで面白くないので、ある程度自分で試行錯誤する必要もあるだろう。

今回大当たりだった爆釣JIG ロング。東京湾で使うなら、130gがオススメ。ちなみにSAURUSのヒラジグラ・ロングとモノは全く同じ。


テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

7/28 シイラ

2001年夏、東京湾太刀魚は本当に良かった。悪くて10ちょい、良い時は30以上釣れた。しかし、2012年夏の太刀魚は、どうにもいまいち。どの釣り船を見ても15釣れればいい方で、酷い時は0~5・・・。乗船料だって払ったのにふざけるなよ!と言いたくなる人も多かったんじゃないか。

まあ、渋い状況の中、上手く魚が釣れるようレベルアップを図るのもいいんだが、趣味だし、良い魚が沢山釣れた方がいいに決まってる。じゃあどうするんよ。シイラ、行くでしょ。

出船前

シイラ釣りに行くのは決まったものの、シイラ、釣ったことないし、どうすんの?ということで、知り合いの船長に相談すると、「ちょいでかめのペンシルとかミノー持っておけばいいんじゃない。竿は青物キャスティングので良いよ、いつも通りやってれば釣れるよ。」という特にありがたくもないアドバイスを頂戴し、まあ、青物の準備そのままでいいか、と特別な準備もせずに乗船した。なお、いつも乗ってる船がチャーターされて乗れなかったため、船長の知り合いの船に乗ることにした。初乗船、いい結果が出たことあんまないんだよな。

予想通りのクルージング

事前にシイラ釣りは潮目、漂流物、フラつきを探すため走り回るってことを予習していた。そしてそれはその通りだった。4時間走って、何も起きない。まともな潮目もない、魚がつくほどのゴミもない。これは厳しいね、と同船者と話していたところ、沖からの潮ががっちり入っているポイントに辿り着いた。

初シイラ

ミヨシでシイラをチェックしていた人が、跳ねたよ!と言うと鳥も集まってきた。これはいける!とりあえずT.D PENCILを投げると、4メーターほど巻いたあたりでモゾッとした当たりがあり、すぐに竿に重みが伝わってきた。ん、かかってんの?と思うと同時に頭が真っ白に。初めての魚をかけるとテンパってしまう・・・。が、アホみたいに釣りをしてるせいか、ワンテンポおいてからアワセを入れて走られる前に速攻巻く、という作業を無意識でやっていたらしく、気付いたらシイラは船べりまで寄っていた。なんかあっけなく寄ってきたし、どうせ小さいだろと思ってたら、かなりでかい。タモ入れしたいけど、上手くはいらん!と悪戦苦闘しつつも無事ゲット。


シイラ1

記念の一本目ってことでサイズを図ると1m20cm。一発目でこれは出来過ぎ。ただ、事前にシイラは結構走るし跳ねると聞いていたが、全くドラグも出ず、跳ねず、サクッと釣れてしまったためなんだかスッキリしない気分もあった(贅沢)。

もう一本!

とにかく一本取れたし、他に釣ってない人にポジションを譲って適当に投げてると、また出た!しかし掛らない。そうしている内にシイラが見える位置まで近づいてきたが、どのルアーも無視。見える魚は釣れないって言うけど、ホントそういうケース多いよな・・・。

その後も良い感じの潮目などを見つけ、同船者もシイラをゲットしていく。ここらで自分ももう一発と思いつつ、まだ釣ってない人いるんだよなぁ、と漂流物を見つけても他の人に投げてもらっていた。そうして叩かれていた漂流物が船の近くまで寄ってきていたので念のため投げてみっか、と漂流物の30cm左を掠めるようにペンシルを引いて行くと水面爆発!メーターオーバーのシイラが水面を割ってルアーを引ったくるところが丸見え!これだよ、これなどと呟きながらアワセると、今度は走るわ、跳ねるわで大暴れ。ヒラマサで散々走られるのに慣れていたため、ドラグが出る分には問題無かったが、跳ねられた時は、あ、これ外れそう、と何度もヒヤッとした。今度はファイトの一部始終を堪能した後、ネットイン。

156a96dc.jpg

今度は1m10cmだったが体高があるせいか、かなり良いファイトを見せてくれた。シイラ、楽しいね。帰りがけ、デカイシイラが跳ねていたが、釣れていたのはペンペン。自分にも掛かったが、簡単にバレてしまった。

本日の釣果とポイント

シイラ1m20cm、1m10cmの2本。両方メス。ってことで次はオスを釣るのが目標か。

・ビックリアワセをすると魚がフッキングしないってのは本当で、スッポ抜けてるシーンを何回か目撃した。シイラは横からベイトフィッシュを咥えて圧死させ、そこから飲み込んでいくらしく、咥える→飲み込むまでの間にアワセるとかからない、とのこと。重みが乗ってから、アワセを入れるぐらいでいいのだろう。

・キャスティングはやはり飛距離が大事。漂流物狙いの時も、直撃はNG。漂流物の奥にルアーを投げてルアーが上手く泳いでいる状態で通さないとダメ。後、糸ふけをしっかり処理しないと風に糸が取られてリトリーブするコースが変わるため、フェザリングも重要。うーん、全て基本だな。

ちなみに・・・

せっかく釣ったし、食べて見るかってことでフライ・唐揚げにしてみたところ、ホクホクの白身でかなり美味しかった。味はさっぱりしていたので、マヨネーズやバターなどを油を加えるのがオススメ。

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。