スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月~8月 タチウオジギング

まだまだ暑い季節が続くものの、浅場で釣れる夏タチウオはそろそろ終了だろう、ということで今年の夏タチウオ釣行を振り返ってみよう。決して全てのタチウオ釣行を一回ずつ書くのが面倒だったわけではない。流れで書いた方がわかりやすいからね、仕方ないね。

開幕は好調

6月末、いつもの船宿のHPにタチウオ始めました、なんてお知らせが書いてあったので早速乗り込んで大貫沖。夏タチウオは棚が浅いというが、この日は「水深15メートル、10メートルから上」なんてアナウンスがあるほど浅かった。そしてたまたまその日は新しいことを試そうとワインドセットを持ち込んでいた。さらに運が良いことに、同船者の中にJustaceのオフショアワインドロッドのテスターがいた。言うなればオフショアワインドのプロ。これはチャンスとばかりにワームのセッティングからラインシステム、ワインドのテクニックなどを教えてもらい、タチウオを釣りまくった。


夏タチ01

ほぼワームのみで30本ぐらい釣れた。今年の夏はタチウオ楽勝か?と考えていた。この時までは。

実際は低調

7月も好調が続くかと思いきや、竿頭がツ抜けしないような低調な日も多く、どの船宿も困り果てていたようだった。7月前半の釣行ではサバ、サバ、イナダ、サバという状況でタチウオが全く釣れなかったのため、タチウオは東京湾から消滅したのかと疑ってしまった。

そんなはずはない、とリベンジに挑んだ7月末。自分はあまり釣れなかったが同船者の中でタチウオを良くヒットさせていた人がいた。使っていたのはダイワのスピードジグR。去年までの自分であれば、家に帰ってからネットでスピードジグをポチっていたが今年は違う。金がない。釣れている要因はジグの種類だけにあらず。重さやシルエット、色、しゃくり方などをチェックしたところ、軽めのジグで小さく、ゆっくり目にしゃくっていた。色々試したところ、ブランカの80g(赤金)を小さく動かすと途端にヒットが続く。今年のパターンはこれだな、と確信して挑んだ次の釣行では見事竿頭。数は伸びなかったものの、そこそこ満足のいく結果となった。夏タチウオでは帰りにイナダを狙うのだが、なぜかここでもサワラが釣れた。

sawara01.jpg

今年はすでに20匹近くサワラを釣っている。去年は1匹も釣れなかったのに。

かなり完成に近づいてきた?

色々と試行錯誤を続けてきた東京湾タチウオジギングのタックル・ラインシステムもようやく落ち着いてきた。備忘録も兼ねてまとめておこう。

■ロッド : 柔らかめのライトジギングロッド(ベイト)。Jig Maxが100~120gが妥当。ダイワだとソルティストインフィート ベイジギングあたりか。

■リール : タチウオ釣りにはドラグ性能がそこまで求められないため小型ベイトリールであればなんでも良いのではないか。ただしハンドルが短すぎるとしゃくり難くなる可能性あり。

■メインライン : PE0.6~0.8号で1号以上はNG。タチオウは青物ほど引きが強くないので強度的には0.6号でも問題無し。ラインブレイクの原因は強度不足ではなくタチウオの歯がラインにあたって切れているため。1メートルおきに白いマーカーがついているラインは、マーカーをタチウオが食ってくるため10メートルおきに色分けされているラインのほうが良い。

■リーダー : 16lbs程度のリーダー3~5メートルの先に40lbsのフロロカーボンリーダーを50センチぐらい結ぶ。フロロ有りにすると、ラインカットを半分ぐらいに抑えられてた気がする。リーダー同士のラインの結束は電車結びでも十分だが、オルブライトノットのほうがガイド抜けが良かった。

■リーダーとルアーの接続 : スナップはたまに外れてしまうことがあるのでスプリットリング#3~4を使う。糸ヨレは大して発生しないのでサルカンではなくデコイ GPリングなどが良い。リーダー→GPリング→スプリットリング+アシストフックの順番。

■アシストフック : フロントのアシストフックはがまかつ トレブル RBミディアムヘビー#3~4を使用。YAMASHITAの5連サルカンでリングとフックをつなぐ。

■テールフック : 100gまではがまかつ トレブル RBミディアムヘビー#2。120gからは#1を使用。刺さりが良いのでバーブレスを使用(安全だし)。

■ルアー : 安くて釣れるのでYO-ZURIのブランカを80~150gまで使用。150gで底がとれない場合は200gでもとれないので200gは不要。色は赤金、紫金、銀色、オール紫あたりが定番。ラインカットに備え2本ずつ揃えておくのが良い。ちなみに全部揃えると4色を2本、80・100・125・150gの4種類で32個必要となる。一つ600円だとすると600×32で約2万円!!高い!!しかも無くなる!!


タチルアー

リーダー以降のモノを全部くっつけるとこうなる。このセッティングでまだまだ釣りまくってやる!と意気込んで・・・いなかったりする。

9月以降はもう、青物でしょ。ブリ、釣るぞ!!!


以下、お買い物メモ

リーダー・5連サルカン・GPリング


アシスト・テールフック


ルアー

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。