FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京湾 青物ジギング用タックル

09青物

タチウオ用のジギングタックルについては自分なりにこれだな、と思う組み合わせが決まったものの、東京湾の青物ジギングタックルについては未だに試行錯誤している段階。基本的には利用する船宿の船長が指定したタックルで問題ないものの、釣りの師匠や釣具屋の店員、普段見ている釣りブログの記事などなど、色々と情報が氾濫しており、どれも言っていることに一理あるという状態なんで、うーん、悩ましい。

まずはターゲット

東京湾のジギングなんぞ釣れてワラサやんけ、と思う人もいるかもしれんがそれは間違い。今年は7キロのサワラや12キロのブリまで釣れている。しかし、そんな魚がコンスタントに釣れるわけもなく、9月まではワカシ・イナダが中心で10月からようやくワラサクラスに本サワラが混じる形となる。いつも利用している船は、観音崎周辺だけでなく東京湾口の洲埼やちょいと回りこんで布良まで連れて行ってくれる。そこまで行くとヒラマサ・カンパチまで釣れてしまう。つまり、イナダからヒラマサ・ブリまでがターゲットとなる。


た

ロッド一本で対応するのは、ちょっと無理があるか・・・?

ライトすぎてもいかん

3キロ未満のイナダ・イナワラや、サワラであればキャスティングだろうがジギングだろうがシーバスタックルで釣れてしまう。むしろガチガチの青物タックルでイナダを釣ると、ほとんど魚は無抵抗で寄ってきてしまう。ただ、5キロクラスのワラサがかかるとシーバスタックルはしんどい。あと、キャッチまで時間がかかる上に走り回られてお祭りが発生し、周りの人に迷惑がかかってしまう可能性もある。

そう考えると、柔らかめの近海ジギングタックルがベターか。イナダ・ワラサをメインターゲットにタックルを考えると、こんな感じか。

・ロッド:JIG MAX100~120gで6feetぐらいの近海ジギングロッド。

・リール:スピニングでダイワ 3500~4000番、シマノ 4000~5000番。

・メインライン:PE 1.5~2号を200M。1号でも釣れるが、お祭りなどでラインが痛んだり、少し荒っぽい扱いをすると簡単に切れてしまうため、1.5号ぐらい太いほうが楽。

・リーダー:30~40lbsを5M。ある程度長いほうがリーダー掴んで魚をぶっこ抜ける。


ヒラマサ・カンパチ・ブリまで釣りたいとなると上記タックルは心許ない。ちょっと強化する必要あるな。

・ロッド:JIG MAX150前後で6feetぐらいの近海ジギングロッド。

・リール:スピニングでダイワ 4500番、シマノ 6000番。

・メインライン:PE 2~3号を200~300M。4号まで使ってみたが、少し太すぎる感じ。3号で強度的には問題無かった。

・リーダー:50lbsを5M。

マイタックル

上記の参考タックルと自分のタックルを比較するとどうなるか。

ライトタックルを比較すると・・・

・ロッド:ソルティガ コースタル62S-2/3・F → 条件的にはバッチリだけど、使ってみた感じ、ちょっと強いか。バットパワーがあるため、イナダは瞬殺、ワラサも楽々上がってしまうため、釣り味は物足りない。後、ダイワのジギングロッドはグリップが太すぎる。

・リール:ソルティガ 4000 → うーん、素晴らしいリール。軽いし、言うことない。最大の欠点は値段。高すぎ。

・メインライン:PE 2号 → 明らかに太い気がする。1~1.5号に巻き変えて強度を確認したい。

・リーダー:50lbs → 30lbsに落としてもいいが、そんなに変わらん気もする。


ヒラマサ・ブリ用タックルを比較すると・・・

・ロッド:ブリッジ ジェネラルシャフト SS-61M→ ほぼ理想的なロッド。ジグの操作性も良く、バットパワーもある。このロッドで6.7キロのヒラマサまで余裕でキャッチ。

・リール:ソルティガZ 4500 → これまた素晴らしいリール。使い倒してもガタがこない耐久性、若干適当に設定しても問題ないドラグ。

・メインライン:PE 3号 → 問題無し。いつか3号でもぶった切られる大物を釣りたいが。

・リーダー:50lbs → 問題なし。ラインシステムがしっかり組めていればまず切れない。


もし、ジギング用タックルをゼロから揃えるのであれば・・・

・ロッド:ジェネラルシャフト SS-61L

・リール:金があればソルティガ 4000。ちょっと妥協するとバイオマスターSW 6000。それ以上に妥協すると・・・どれもそんなに変わらないかな。ジギングの場合、HGよりPGのほうがオススメ。

・メインライン:PE 2号 200M。

・リーダー:30lbs 5M。

上記タックルだとイナダからヒラマサまで何とか対応出来るか。小型と中型用の2セット揃えたいところだけど、金、かかるし。

ちなみに大絶賛しているジェネラルシャフト 61Mは不慮の事故によりガイドを破損して入院中。


ガイド逝った

ロッドを破損したついでに(?)オークションで色々とロッドを物色していたところ、あまり出回ってないロッドが格安で出品されていたため、勢いで落札してしまった。

今自宅にロッドが何本あるんだろう。シーバスロッドが6本にメバルロッドが2本にジギングロッドが・・・数えるの止めよう。

スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。