スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/30 鯛ラバ

たい

9月末まで東京湾にてブリを追い求めてきたが、釣れるのはイナダ・サワラばかりで大物はかすりもしなかった。しかし釣る人は釣っている。目の前で釣り上げられた8.5キロを筆頭に9.8キロ、12キロと巨大な魚が東京湾にも回遊しているってのは夢がある。今年一杯夢を追い続けるのもいいが、夢破れてイナダあり・・・頭からバケツにつっこまれたイナダを量産するのも「いじめ、カッコ悪い」なんて前園真聖さんに怒られそうだし。

どうするか?そうだ、鯛行こう。

そもそも出れるの?

週末、大潮なんていう真鯛日和に台風直撃という不幸な巡り合わせ。どうなのかな?と出船前日、船長に電話したところ早めに出船して早上がりで行けるらしく、ホッとした。午前5時集合、さあ行こう、となるはずが船着場の水位が尋常じゃなく高い。そう、船が橋をくぐれない。出船待ちの間、鯛ラバ用品の即売会が開催され、船長考案のネクタイを大量に仕入れ、準備万端、いざ出発。

鯛はいる

ポイントに着いて二流し目、同船者に当たりがあり強烈なヒキを見せる。あんまりにドラグが出まくるので青物か?とお祭りを避けるため離れて見守っていると上がってきたのは5キロ弱の綺麗な真鯛。魚はいるし、ヤル気もありそうだな、と流し変えて鯛ラバを落とすもヒットはまたもや先程大鯛を釣り上げた人。食べて美味しい塩焼きサイズの真鯛。おめでとうございます、なんて声をかけつつも心の中は羨ましい気持ちと悔しい気持ちがグルグル回って胸焼けを起こしそうになっていた。なんで釣れないかなぁ、なんて思いながら巻いているとヒット!したはいいが引かない。


ほう

定番の外道、ホウボウ君。お呼びでない。

タラレバ

その後は修行の時間。鯛ラバはひたすら落として巻いてを繰り返す単調な釣りだけに、釣れない時間は精神的にキツイ。それでも船長を信じて巻き続けると、鯛特有の竿を叩く当たりが出た!けどのらない。この当たりを最後に潮止まりで風も出てきたので、無念、撤収の時間となってしまった。もう少し早く出船できていれば、上げ潮まで粘れれば、釣れていたかもしれない。しかし自然相手の勝負、思い通りにいかないことの方が多い。

わかってた?

秋の鯛ラバ復帰戦、ホウボウ1匹の貧果に終わったがこの台風で底荒れして状況が変われば釣れるはず。そう信じてなきゃやってられないぐらい地味でしんどいのが鯛ラバ。その反動もあってか、釣れた時は本当に嬉しい。今回本命の真鯛がボウズだったのは次に鯛を釣った時の喜びを爆発させるための助走みたいなもの。想定の範囲内だよ。

そう・・・


予定


なわけないだろ!!!あー悔しい・・・


スポンサーサイト

コメント

すごい!日曜日、船出たんですね!
鯛ラバも楽しそう!
今回は残念でしたが
次回リベンジ頑張ってください!
[2012/10/02 16:33] URL | style #zRsT6Tlc [ 編集 ]
鯛ラバは釣れればかなり楽しいですよ!
釣れれば・・・
また大潮の日にリベンジしたいと思います。
[2012/10/03 17:02] URL | 管理人 #- [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[2013/01/10 15:04] | # [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。