スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/20 サワラ キャスティング&ジギング

サワラトップ画像

出船前日

サワラが3月後半になっても好調という噂を聞きつけ馴染みの船長に電話したところ、「予約はまだ入ってないけど多分入ると思うよ」とのことだったので「出船人数揃ったら電話してください」と伝えた。すると午後5時頃出船確定の連絡が!釣れているルアーを聞いたところ、グリーンゴールドのジグがいいらしい。急いで閉店間際のタックルベリーに駆け込み中古のジグを購入した。
※青物用は基本的にブルーシルバー、ピングシルバーあたりで揃えてるので。

出船当日

そして待ちに待った当日、キャスティング・ジギング・鯛ラバ用の 3タックルを用意し乗船した。
※釣れてない時・ジギングで疲れた時用に鯛ラバタックルを用意したけど、結局ほとんど使わなかった・・・

1時間20分ぐらい走ってポイントに到着したはいいけど、肝心の鳥山が無い(^^;)
それならばとジギングで狙うも当たりすら出ない状況。これはもしや、外れの日・・・!?と嫌な予感がしてきた1時間後ぐらいに僚船から鳥山発生の連絡が!!!
急いでポイントに向かうとそこには7・8羽の鳥が海に突っ込んでる良い感じの鳥山がある!!一番最初に予約を入れた特権でミヨシに立ってキャスティングすると一投目でヒット!!!
ファイト途中に隣の人が投げたルアーが軽く祭ってたけど、フックが引っかかってる程度だったのでイケルと判断して粘り強く巻く。上がってきたのは3kg程度のナカナカのサワラ。
※チャンスタイムかつ他の人にもヒットしてたので写真は撮らず

ヒットルアーはSAURUSのニューシートプス-SW 13.5cm

20120320_シートプス

入れ食いタイム突入か!?と思いきや、漁師の引っ張り船・他の釣り船とのポイントの奪い合いが発生して上手いこと良い鳥山に付けられない状況が続く。これは厳しいと判断した船長がいち早くジギングすると着底直後にヒット!!

これはチャンスと思い、ジグを投入すると着底後3シャクリ目でズシリと重みが!
キャスティングとはまた違う魚の引きを堪能しつつじっくり巻くとこれまた3kg前後のサワラが浮上してきた。水面まで上がってくると船を見てまた暴れるのが楽しい!慎重にタモ入れしてもらい、無事ゲット。

ヒットルアーはCBONE C1 SEMILONG 130gのグリーンゴールド。

その後もジギングで高活性が続くが1バラシ、そしてラインカット×2で C1 SEMILONGとZERO ONE 130gのグリーンゴールドがお亡くなりに・・・

20120320殉職ルアー

グリーンゴールドが全部無くなったので同じゴールド系ってことでSTAY 130gのレッドゴールドにすると落とすたびに当たりがあるものの全部乗らない・・・
船長からそれフックが小さいんじゃないの?と言われ2/0のフックに 変更したところ中層でヒット!
ドラグがそれなりに出てるし、コレはさっきの奴よりデカイぞ!船べりで数回突っ込みを見せた末に上がってきたのはこの日最大の3.7kgのサワラ。

20120320sawara1

ヒットルアーは前述の通り、STAY 130g。

釣りも後半に入るとまたまた鳥山が発生するものの足が早くなかなか良いタイミングで鳥山に船が入れない状況が続く。4回目ぐらいにサワラが飛び跳ねている最高の鳥山に入り、急いでキャストすると10mぐらい巻いたあたりでヒット
最初の魚より断然引いたのでデカイかと思ったらスレ掛かりだった。

20120320sawara2

ヒットルアーはB-match jet 15cm

20120320rure2

※ラインカット対策のため先頭のフックは外している

本日の釣果と発見

結局6ヒット中4ゲット2バラシで竿頭になれたものの、いくつか課題・発見があった。

・1回ラインカットがあった後、リーダーの先にタチウオ用ワイヤーリーダーをつけたところヒットしたもののワイヤーリーダーもカットされた(^^;)サワラの歯は相当鋭いね・・・ とはいえ、活性が高い時はワイヤーリーダーつけても問題なく喰ってくるので強度のあるワイヤーリーダーを10cmぐらいつけるのはアリかも。

・前回固めのジギングロッドで全く当たりが無かったので、柔らかめのロッドに 変更したら、ヒット・当たりが連発した。船長曰く、柔らかめのロッドだと最初ロッドが大きくしなってから反発でティップが戻るため、ジグがゆっくり動き始めてその後急加速するような動きになり、そのイレギュラー気味のアクションが魚に効くらしい。柔らかすぎると泳がないし、かといって固すぎるとカッ飛んでしまうから、ジグの重さにあった適切な柔らかさが重要ってことだね。

・今回は鳥山が出てる場合、ペンシルよりミノーのほうがヒット率が高かった。また色は前回イワシカラーが良かったけど、ためしにチャートキャンディを使っても普通に釣れたし、鳥山が立っててやる気がある場合はあんまり  色は関係ないかも。飛距離と動きが重要だな。ペンシルは鳥山終了後、魚が少し沈んだ状況で使うと魚が浮いてきてヒットすることがあるらしい。

・ジグに関してはゴールド系が圧倒的に良かった。というのも、船長が試しにシルバー系を使っても全くヒットせず、 グリーンゴールドに戻したらまたヒットしだしたので。サワラは派手好きというセオリーはホントだった。またパターンが変わればシルバー系も有効になる可能性もあるし、サワラの場合はゴールド・シルバー両方用意しとくべき。

20120320rure3

今回のヒットジグはこの通り、歯形つきまくり


スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。