スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジギングロッド購入への道

ここ最近のワラサフィーバーで散々いい思いをさせてもらった5月前半。釣果は上がっていたものの一つ悩みがあった。その悩みとはジギングロッドのパワー。現在使っているBRIDGEのGENERAL SHAFT 61Mはジギングを始めるにあたって購入した記念すべき最初の一本である。

ロッドのスペック(Jig:60g~150g / PE Max:#2 / Drag Max:4kg)を見る限り近海ライトジギング用で、対象魚はおそらく小~中型回遊魚。このロッドでヒラマサ6.7キロ・カンパチ6.2キロ・ワラサ6.7キロ、ネコザメ10キロオーバーまで釣り上げてきた。魚を誘い、ヒットさせることに関しては素晴らしい性能を発揮するのだが、ファイト時のパワーは所詮ライトジギングロッド。6キロ以上のワラサがヒットするとロッドが満月になり、ほとんどバットが残っていない状態でのファイトを余儀なくされる。


ファイト

画像を見ると大物がかかっているように見えるが、正体は元気の良いワラサ6.7キロ。この程度の魚に主導権を握られるのはちょっと悲しい。

柔らかくて硬い竿

自分のジギングのスタイルはいわゆるローレスポンスジギング。低弾性のロッドを使ってジグを自然に動かすイメージでシャクっている。とか書くと、いち早く流行を取り入れているように見えるが、実際は釣具屋の店員に勧められたロッドがたまたま低弾性であり、そのロッドでどうやったら魚が釣れるか試行錯誤した結果そうなっただけである。

とにかく、自分のスタイルと対象魚(ブリ・ヒラマサ)、地域(南房・外房)を考慮し、新しいロッドに求められる性能を列挙すると…

・ジグを操作するためのロッドの柔軟性は、GENERAL SHAFT 61Mと同等

・ブリ・ヒラマサをかけても問題ないバットパワー

・アンダーハンドでジグをキャストしても絡みにくいガイドセッティング

・MAX PE 3~4号 JIGMAX 180g前後

この条件に当てはまるロッドはあるだろうか?

良い物は高い

ローレスポンス、ヒラマサなんてキーワードで調べてみると大人気MCワークスのREAL FUSIONシリーズが候補に上がる。条件に当てはまるロッドは、RF 651LRか。スペックはLine PE#1.5-3 Jig max 180g(LR Jerking) Drag max2-5kg チタンKガイドでドンピシャ。釣具屋に行くと、売ってない。ネットで検索しても、SOLD OUT。オーダーすると1年半待ち。無いものは買えない。


SOLD OUT

それならばとBRIDGEのロッドで探した結果、条件に当てはまったのがREGIONAL SHAFT INNOCENT SS.Light(長いから今後はイノセントLと書く)。ティップは柔らかく、バットパワーはありそう。説明書きを読んでみると、「要は魚を掛けるまでと、掛けてからの異なるテーパーを融合させた可変テーパーである。」なんて書いてある。これはバットパワーのあるGENERAL SHAFTだ!と都合良く解釈し、購入を検討する。が、案の定釣具屋にもネットショップにも売ってない。困ったな、と思っていたらヤフオクに状態の良い中古のイノセントLが!これはまさに運命だ!と即入札。幸運にも競合することなく無事落札した。

論より証拠

今まで散々ウンチク話を続けてきたが、結局魚が釣れなきゃ意味は無い。魚はロッドの値札やブランド見てジグを食ってくれない。年収700万以上、身長170センチ以上、大卒なら参加出来る婚活パーティーとはワケが違う。そもそもそんな男性はほとんど結婚している。独身なのはきっと色々な事情があるはず。

話が大幅に逸れたが、とにかく、新しくロッドを買いました、というお話でした。


だから何だ

ミクシィ、やってないんだよね。


スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。