スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/23 青物ジギング

着信

乗り合い船では、ポイントまで長いこと船に揺られることもあり暇。暇な釣り人が集まれば会話も弾む。そして帰港後に携帯の番号なんか交換したりすることもある。しかし、実際に電話がかかって来ることは滅多にない。みんな忙しいし、日常に戻って冷静に考えるとわざわざ電話するのもなぁ、なんて思ったり。

昼休み、釣具屋の前でのんびりしていると携帯電話に家族以外からの着信があり、出てみると釣り仲間。木曜、釣り行けますか?なんてお誘いがあったので喜んで!と即答。じゃあ、自分が予約入れとくんで、と電話を切って即船長に連絡。二人しか予約入れないけど、沖に出てくれるかな?いいともー!とは船長も言ってくれなかったが、常連なんでまあ良いよ、と出血大サービスで出船が確定した。結局、その後一人追加で予約が入ったんでいずれにせよ沖には出れたんだが。

取り残されて

おニューのロッドであるイノセントLの性能を確かめたいし、魚の活性が高いと嬉しいが果たしてどうか。一流し目、速攻で同船者のロッドが曲がる。しかも、2.5キロのヒラマサ。いいなぁ、なんて見てたら釣り仲間が4.5キロの巨大なヒラメを釣り上げる。一流し目でいきなり魚の顔が見れるなんて、今日の活性はまあまあなのか?

ところがどっこい、ニ流し目以降はまるっきり音沙汰無し。魚探の反応はすこぶる良く、底から15メートルぐらいまでバッチリ反応が出ている。潮さえ流れてくれればなぁ、とボヤキながら、ジグをあれこれ変えながら必死でシャクる。

想定通り?

反応探して流してもまるでダメ。ちょっと気分を変えて根回りを攻めることに。ここが勝負所か?船長がここ最近良く使っていて釣果も上がっていたCB-ONE C1 ロングライドにジグを変更。ゆっくり目のワンピッチで丁寧にシャクると、ようやくヒット。イノセントLはティップからベリーまでガッチリ曲がってるがバットはしっかり残っている。よしよし、良い感じ。ただ、魚がちょっと小さいような…。


ヒラマサ

釣れたのは2.4キロのヒラマサ。元気の無いヒラマサだったが、釣れたので良しとする。肝心のイノセントLも、想定通り、ティップが柔らかくジグを自然に動かすことが出来た、と思うことにしよう。

ジョーズ IN 南房

その後は浅場で誘い出しをやってみることに。正直キャスティングで誘い出し、苦手なんだが、水深が浅すぎてジグだとどうにもならなそうなのでシマノの別注平政を投げまくる。

相変わらずよくわからん…、と思いながらジャークしてると水面がガボッと割れて4~5キロの青物が飛び出してきた。しかし食い損ねる。もう一回来い!と誘うとまた出た!思わず即合わせしてしまったため、フッキングせず。これで船中のテンションが上がり、みんな必死で投げまくる。すると、同船者のドラドペンシルにヒット。1キロちょっとのチビマサ君。魚いるじゃん!と喜んだのも束の間、船の周りにデカイ鮫が5匹程度、優雅に泳いでいた。

これでは魚ヒットさせても寄せてる最中に鮫が食いつくだろう。予想通り、隣の人がヒットさせた小さいイナダを鮫がガブリ!猛烈にラインを引き出しプツリ。鮫は増える一方で、魚釣ってんだか鮫に餌提供してるんだかよくわからなくなったのでそのまま釣り終了となった。

試行錯誤と記憶喪失

実物を触りもせず、机上の空論、想定だけで買ったイノセントLであったが、大体予想通りのロッドだった。ヒラマサも釣れたし、当分はこれで戦っていこう。なんて思っていた矢先、次回の釣行で新たな展開が…。次回、外房の超人気船にて、ヒラマサを狙う。

遊動式鯛ラバ…?そんな記事を書くと言った記憶があるような無いような…


確信

確信犯の誤用を指摘する人、減ってきたよね(話題そらし)


スポンサーサイト

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

smith16

Author:smith16

・シーバス・メバル・太刀魚・青物・鯛・アオリイカなどなど東京湾で釣れる魚を追っかけてます

・オフショアがメインですが、たまにシーバス陸っぱりもやります

・釣り仲間募集中(^^)

・リンクはご自由にどうぞ

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。